スタッフブログ

雨漏り放置するとどんな被害が待っているの?

北九州市にお住まいの皆さまこんにちは。
雨漏りSTOP専門店㈱トラストホームです。

北九州市にお住まいの皆さま。ご自宅の雨漏り放置していませんか?ついつい後延ばしにしてしまう雨漏り修理。実は雨漏りは放置しておけばおくほど被害が拡大していきます。今回は雨漏り放置から起こる被害についてご紹介します。

 

雨漏りが起こす最悪の被害

実は雨漏りが発生した時点でどんどん広がっている被害。雨漏りを放置した場合はどんな被害がまっているのでしょうか?

家が腐っていく

雨漏りが発生して一番多い被害は建物の木材が腐ること。
雨水はあらゆる場所から侵入し、日差しが届かない内側に入り込みます。雨水で濡れた場所は、湿気が多くなり木材腐朽菌が繁殖し腐食がどんどん進んでいきます。

シロアリなどの害虫被害

雨水を含んだ湿気の多い木材を好むシロアリ。腐食した木材や柱を食べていきます。
床がふわふわしているように感じたり、建付けが悪くなっている気がした場合はシロアリの被害にあっている可能性があります。

カビによる健康や家具への被害

天井や壁紙にカビやシミができていませんか?シミは雨漏りが発生している証拠。そのため、じめじめした部分にカビが生えていきます。カビは健康被害にも影響する為、早めの雨漏り修理を行いましょう。

 


【雨漏りの被害】は、雨漏りSTOP専門店トラストホームにお気軽にお問い合わせ下さい

北九州市で雨漏りにお困りなら、雨漏りSTOP専門店トラストホーム

お問い合わせ/無料お見積りはコチラから・・・

フリーダイヤル