スタッフブログ

雨漏り注意!サイディング材の隙間になりやすい場所|目地

北九州市にお住まいの皆さまこんにちは。
雨漏りSTOP専門店㈱トラストホームです。

北九州市でサイディング材の戸建てをお持ちの皆さま。今回はサイディング材の隙間になりやすい注意してほしい場所【目地】についてご紹介します。

 

サイディングの目地に要注意!

サイディング

【目地】とは【つなぎ目】のこと。サイディングボードは、外壁材と外壁材を貼り合わせて施工する為、外壁材同士の結合部は【目地】と呼ばれます。目地をシーリング材で埋めることで、外壁材の接着の補助や外部からの水やホコリの侵入を防いでいます。

目地部分は地震や強風によってシーリング材が影響を受け劣化していきます。写真の様に、目地のシーリング部分にひび割れや亀裂が入っていたり、外壁材との間に隙間が出来ている場合は要注意です!この隙間から雨水が侵入し雨漏りの原因へとつながります。シーリング材の剥がれを見つけた場合は、早い段階でシーリング材の打ち直しを行いましょう。

 

サイディング材の隙間になりやすい場所
目地
開口部(窓やべベランダ)
水切り部分
サイディングの破損

 

 


 

【サイディング目地の劣化】は、雨漏りSTOP専門店トラストホームにお気軽にお問い合わせ下さい

北九州市で雨漏りにお困りなら、雨漏りSTOP専門店トラストホーム

お問い合わせ/無料お見積りはコチラから・・・

 

フリーダイヤル