スタッフブログ

経年劣化が起きやすく雨漏りリスクが高い場所|バルコニー

北九州市にお住まいの皆さまこんにちは。
雨漏りSTOP専門店㈱トラストホームです。

北九州市に戸建てをお持ちの皆さま、ご自宅にバルコニーはありますか?今回は経年劣化が起きやすく雨漏りリスクがバルコニーについてご紹介します。

Previousコラム→経年劣化が起きやすく雨漏りリスクが高い場所|エアコンのスリープ穴

経年劣化に注意!バルコニー

バルコニー

バルコニーとベランダの大きな違いは【屋根がある・なし】です。写真のように一見ベランダのようリスクが高い場所ですが、やはりベランダよりも直接雨があたるバルコニーの方が雨漏りリスクはさらに高まります。バルコニーは日々、紫外線や雨風にさらされ、物を置いたり、人が通ったりすることで、防水塗膜が擦れたりと経年劣化の進みがとても早い場所です。また、床だけではなく落下防止ようの手すり壁も要注意!この手すり壁の最上部にある【笠木】は防水機能高める重要な役割があります。この笠木はビスを打ち付けられ、壁と笠木の隙間にはコーキング材が埋められています。このビスが錆びて少しづつ隙間が空いたり、コーキング材の肉痩せでできた隙間などから、雨水が入りこむと、壁の中を通り、下の部屋で雨漏りを起こす可能性があります。排水溝のつまりなども気を付けておきましょう。バルコニーの一般的なメンテナンス時期は築5年~10年と言われています。立地条件などで経年劣化の程度も変わってきますので、定期的な確認を行いましょう。

 


 

【バルコニーの雨漏り】は、雨漏りSTOP専門店トラストホームにお気軽にお問い合わせ下さい

北九州市で雨漏りにお困りなら、雨漏りSTOP専門店トラストホーム

お問い合わせ/無料お見積りはコチラから・・・

 

フリーダイヤル