スタッフブログ

雨漏り修理で火災保険が適用されるために知っておきたいこと④

北九州市にお住まいの皆さまこんにちは。
雨漏りSTOP専門店㈱トラストホームです。


北九州市で雨漏りにお悩みの皆さま、雨漏り修理に火災保険が適用される場合があることをご存じですか?今回は、火災保険が適用されるまでの流れ
ついてご紹介いたします。

 

雨漏り修理で火災保険が適用されるために知っておきたいこと
①知っておきたい雨漏り修理
②雨漏り修理は火災保険が適用される?自然災害による被害は適用できます!

③火災保険の種類を確認しよう!

④火災保険が適応されるまでの流れ
⑤火災保険と雨漏り修理に関する注意点

④火災保険が適用されるまでの流れ

雨漏り修理で火災保険の条件を満たした場合、実際に申請してから適用されるまでにはどのような手順が必要なのでしょうか?

保険会社へ連絡をする

まずは代理店や保険会社に雨漏り被害の内容を連絡しましょう。できるだけ詳しい状況をつたえる必要があるため、事前に雨漏り業者へ見積りや相談・調査を依頼し、報告書や見積りをもらっておくとスムーズに話が進みます。

書類記入・申請

保険会社へ連絡をした後は、保険会社から書類が届きます。必要事項を記入し申請の手続きを行います。主な書類は、【事故状況報告書・保険金請求書・損害箇所写真・修理費見積り・保険証番号・損害発生日時・住所・家の見取り図・状況や原因】などの細かく記入する場合があります。しっかりと記入できるように準備をしておきましょう。

現地調査

保険会社が申請を受けた後は、損害鑑定人を派遣し現場調査を行います。申請した内容があっているか、被害状況の有無を確認していきます。申請内容が認められると保険金が支払われます。

 

雨漏り修理

保険が適応されることが決定したら、雨漏り業者へ工事の依頼をします。被害箇所や状況を業者に説明したうえで修理プランを立てましょう。

 

雨漏り時の火災保険は、申請して必ず適応されるとは限りません。まずは保険の適用が確定してから、雨漏り業者へ工事の契約を行うようにしましょう。


【火災保険の適応】は、雨漏りSTOP専門店トラストホームにお気軽にお問い合わせ下さい

北九州市で雨漏りにお困りなら、雨漏りSTOP専門店トラストホーム

お問い合わせ/無料お見積りはコチラから・・・

フリーダイヤル