スタッフブログ

建物が原因で雨漏りが再発する理由|建物構造の複雑化

北九州市にお住まいの皆さまこんにちは。
雨漏りSTOP専門店㈱トラストホームです。
今回は、建物が原因で雨漏り修理をしても雨漏りが再発する理由【建物構造の複雑化】をご紹介します。

雨漏り再発の理由【建物構造の複雑化】

現代の建物は複雑な構造になっており、屋根の種類でも【寄棟屋根】【入母屋屋根】【切妻屋根】【片流れ屋根】【方行屋根】と様々な種類があります。最新の機材や工法も出てきているため、部分部分で専門の業者が工事を行い、昔のように1人の現場監督が全てを把握することが難しい状況となっています。部分だけの施工の場合は、いろいろな職人や会社が工事をするので、嚙み合わない部分が建物内にいくつも発生し、ひとつの雨漏り原因をきちんと修理しても、他の場所から発生する可能性があります。

再発しない為のPOINT

建売を購入する場合は難しいですが、建売を購入する場合は、そういったトラブル時の対処をしてくれる業者を紹介してもらいましょう。また家を建てる際は、職人や現場監督などと雨漏りとなりそうな部分を予め予測しておき、入念に工事をしてもらうように依頼しましょう。


 

【雨漏りの再発】は、雨漏りSTOP専門店トラストホームにお気軽にお問い合わせ下さい

北九州市で雨漏りにお困りなら、雨漏りSTOP専門店トラストホーム

お問い合わせ/無料お見積りはコチラから・・・

 

フリーダイヤル