スタッフブログ

床の雨漏りを放置すると発生する恐ろしい被害

北九州市にお住まいの皆さまこんにちは。
雨漏りSTOP専門店㈱トラストホームです。

今回は床の雨漏りを放置すると発生する恐ろしい被害についてご紹介します。

雨漏りを放置すると恐ろしい被害がまっています

雨の時だけの雨漏りの症状の場合、晴れの時などは不便を感じない為、放置している人も少なくありません。ですが、ここで知っておいてほしいのは【被害は見えないところで静かに進行している】こと。雨漏りは場合によって建物の倒壊にもつながる恐れがあります。

床の雨漏りを放置すると待っている被害

人体への被害

雨漏りをしている建物は湿気を多く含みジメジメとしているため、カビが発生します。雨漏りで湿った建材や壁・家具にカビが発生し、人体に悪い影響を及ぼします。
・気管支喘息/アレルギー性鼻炎/アトピー性皮膚炎などのアレルギー
・食中毒
・肺アスペルギルス症や水虫の感染症
など命に関わることもあります。

 

住宅への被害

床下の建材や壁の内側が雨漏りにより濡れて、乾燥できず湿ったままの状態が続くと住宅にまで二次被害を及ぼします。

・床や天井・壁紙にシミが現れる
・ネズミ・シロアリ・ダニなどの害虫が発生する
・木材の腐食やカビの増殖・繁殖

雨漏りで湿って柔らかくなった木材はシロアリの大好物!シロアリの食害と木材の腐食が同時に進行してしまうと、柱が食い荒らされ家が傾いていることも。シロアリの被害により大規模な修繕費用が発生する前に早めの対処をしておきましょう。


 

【床からの雨漏り】は、雨漏りSTOP専門店トラストホームにお気軽にお問い合わせ下さい

北九州市で雨漏りにお困りなら、雨漏りSTOP専門店トラストホーム

お問い合わせ/無料お見積りはコチラから・・・

 

フリーダイヤル