スタッフブログ

天窓の雨漏り原因②|ゴムパッキンやコーキングの劣化

北九州市にお住まいの皆さまこんにちは。

雨漏りSTOP専門店㈱トラストホームです。
今回は、天窓の雨漏り原因②【ゴムパッキンやコーキングの劣化】についてご紹介します。

 

考えられる天窓の雨漏り原因
・ゴミが溜まっている
・ゴムパッキンやコーキングの劣化
・防水シートの劣化
・天窓ガラスのひび割れ

天窓の雨漏り原因②ゴムパッキンやコーキングの劣化

天窓を設置するときは、屋根に穴を開けて窓枠をはめ込み、接続部分に【コーキング材】を充填して隙間を防いでいきます。このコーキング材は天窓だけではなく、外壁材と外壁材の隙間や、サッシや窓枠・水まわりなどにも多く使用されています。天窓に使用されるコーキング材は直射日光の影響により他の場所よりも劣化が早くなります。約6年~7年ほどでコーキングが肉痩せしたりひび割れが発生したりします。

コーキングの劣化は定期メンテナンスを!

外壁材のコーキングを見てすでに劣化が見受けられる場合は、天窓のコーキングも劣化をしている可能性が十分に高いです。まずは、プロの業者へ依頼をしコーキングの劣化状態を確認してもらいましょう。コーキングの劣化だけの場合は、コーキングの打ち直しで雨漏りを防ぐことができます。

 


【天窓の点検】は、雨漏りSTOP専門店トラストホームにお気軽にお問い合わせ下さい

北九州市で雨漏りにお困りなら、雨漏りSTOP専門店トラストホーム

お問い合わせ/無料お見積りはコチラから・・・

フリーダイヤル