スタッフブログ

天井から雨漏りが!これだけは覚えておきたい室内の応急装置方法

北九州市にお住まいの皆さまこんにちは。
雨漏りSTOP専門店㈱トラストホームです。

今回は突然の天井からの雨漏りの応急措置方法をご紹介いたします(*^_^*)

北九州市の皆さま、雨漏りというのは突然やってくるものですが天井からポタポタと落ちてくる雨漏りの応急措置はご存知ですか?


応急措置といえば屋根をブルーシートで覆うことが多いですが雨の中、屋根にブルーシートを覆う作業はとても危険です。まずは、室内だけで対処できる応急措置を知っておきましょう!


雨漏り突然

天井から雨漏りすると、落ちてくる水で床がどんどん濡れていきます。畳は水分が吸収されていきカビが発生する原因にもなりますし、フローリングの場合は色の変色や腐食につながりますし被害が増えていく一方です。

室内応急措置で準備するもの

・雑巾・バケツ2個・タオル
・ブルーシート(水を通さないレジャーシートでもOK)

上記の4点は常に準備しておくことをおすすめします。
バケツや雑巾はあっても、ブルーシートを置いていないご家庭も多いのではないでしょうか?

台風や豪雨の前には購入する方も多く、在庫がなくなってしまうこともあるので、必ず常備しておきましょう(*^_^*)
その他にも防災用吸水シートがあれば尚いいでしょう★

覚えておきたい室内の応急措置手順

  1. 畳やフローリングが濡れていたら雑巾でキレイに拭き取ります
  2. 床が濡れないようにブルーシートを敷きます(または吸水シート)
  3. 水が落ちてくる箇所にバケツを置いておきましょう
  4. 落ちると水しぶきが起こるので、バケツの周りにタオルや雑巾を置いておきましょう

雨漏り突然

※バケツに水が溜まるので、こまめに水を捨てましょう!
この時にバケツが2個あれば、捨てに行く間にも床を濡らさずに済みます◎

壁につたう水はこまめに拭こう!

天井といっても場所によればバケツを置くことができない角や壁。そんな場所からの水はこまめに拭くことが大切です。雨漏りにより壁が濡れたままになると壁紙が浮いたり・剥がれたりカビを発生させやすくなります。水に濡れた壁紙は元に戻りにくく、またカビは健康への悪影響となります。濡れたまま放置はせずに面倒でもこまめに雑巾で拭くことが後々大切になります。

雨漏り突然


北九州市の皆さま。いかがでしたか?今回は「天井からの雨漏りの室内応急措置」をご紹介いたしました♪雨の中屋根に登るのは危険ですので、まずは室内から雨漏り応急措置をしてみてくださいね(*^_^*)


\すでに天井にシミがある場合はここをクリック/

 

雨漏りSTOP専門店の㈱トラストホームでは
北九州市内にあるご家庭の雨漏り点検や現地調査・相談・見積もりを無料で行って
おります♪天井からの雨漏りは雨漏りSTOP専門店へお任せください!

【天井雨漏り】は、雨漏りSTOP専門店トラストホームにお気軽にお問い合わせ下さい

北九州市で雨漏りにお困りなら、雨漏りSTOP専門店トラストホーム

お問い合わせ/無料お見積りはコチラから・・・

フリーダイヤル