スタッフブログ

ガルバリウム鋼板屋根も雨漏りする可能性がある!?

北九州市にお住まいの皆さまこんにちは。
雨漏りSTOP専門店㈱トラストホームです。

北九州市でガルバリウム銅板の屋根をお持ちの皆さま。「うちの屋根はガルバリウム銅板だから雨漏りの心配はいらない」と思っていませんか?

実は、ガルバリウム銅板での雨漏りする可能性があることをご存じですか?今回はガルバリウム銅板屋根の雨漏り原因についてご紹介します(*^^*)

 

\ご自宅の屋根材の種類がご不明な方はまずは画像をクリックして屋根材をチェック/
屋根の種類

 

ガルバリウム銅板の雨漏りにつながるデメリット

ガルバリウム

現代の日本住宅でも人気を誇る【金属材】。軽量で自信にも強く、耐久性が高いことから、外壁や屋根によく使用されます。まずはガルバリウム銅板のメリット・デメリットを確認してみましょう。

メリット

・軽量
・耐久性の高さ
・錆びに強い

非常に軽量な素材で地震などの災害が発生した場合でも変形が起こりにくい特徴をもち、トタンの耐用年数が10年~20年なのに対し、ガルバリウム銅板は20年~30年と、約10年ほど違いがあります。この違いから、ガルバリウム銅板の耐久性の高さに優れているといえます。また、ガルバリウム銅板はトタン素材に比べて圧倒的に錆びに強い特徴をもっています。ただ、錆びに強いですが決して錆びないわけではないので注意しましょう。

 

デメリット

・遮音性が低い
・断熱性が低い
・キズがつきやすい
・結露しやすい

遮音性・断熱性・結露は、直接雨漏りの原因につながることはないので、大きなデメリットではないですが、「キズがつきやすい」というデメリットが非常に重要なポイントになります。
その理由は、ガルバリウム銅板に傷がつくと、錆びに強くても簡単に錆びてしまうからです。

ガルバリウム銅板の雨漏り原因の多くは【錆び】

錆びに強いのに、雨漏り原因の多くは錆び!?

いったいどういうことなの?と疑問になりますよね(^_^;)ここからはガルバリウム銅板が錆びてしまう要因をご説明します。

 

錆びに強い=錆びない わけではない。

冒頭でもお話しましたが、決して錆びに強くても残念ながら絶対に錆びないわけではありません。

ガルバリウム銅板は「材質の特徴」と「メッキ」で非常に錆に強い素材ですが、その「メッキ」が剥がれてしまうと、その錆に強いという特性は大きく下がります。キズやメッキの剥がれがない場合、錆に強いのは事実ですが、キズが付くことで保護面であるメッキが剥がれて錆びが発生します。

 

外的要因によるキズ

ガルバリウム銅板は、計量がゆえに非常にキズが付きやすい材質です。
強風で物が飛んできた場合や、軽くぶつけてしまっただけの衝撃でも簡単にキズがつきます。
それぐらいデリケートな素材なのです。キズがついてしますと、ガルバリウムがむき出しになり、その部分い雨水などが当たると錆びの原因になってしまいます。

 

もらい錆びや接触腐食錆び

もらい錆びとは、家の近くに線路や工場がある場合、細かい鉄粉が飛んでくることも。この鉄粉がガルバリウム銅板に付着すると、それが原因で錆びが発生することもあります。また、違う材質の金属同士が触れて水分が付着することで電気が発生し腐食してしまうとい現象も起こるので、注意が必要です。

 

 

錆びの発生を抑えることが雨漏り予防につながります

ガルバリウム銅板の錆びの発生を抑えることで、雨漏りの原因を無くし雨漏り予防をすることができます。
北九州市にお住まいの方で、ガルバリウム銅板にキズや錆びを発見した場合は、まずは当社にお問い合わせください(*^^*)まずは無料で現地調査や相談・見積もり・雨漏り点検を行います♪被害が大きくなる前に早めに対処しておきましょう。

 

 


 

【ガルバリウム銅板の雨漏り】は、雨漏りSTOP専門店トラストホームにお気軽にお問い合わせ下さい

北九州市で雨漏りにお困りなら、雨漏りSTOP専門店トラストホーム

お問い合わせ/無料お見積りはコチラから・・・

 

フリーダイヤル