スタッフブログ

賃貸の劣化を見ないふりしないで!雨漏りを引き起こすサインとは?

北九州市にお住まいの皆さまこんにちは。
雨漏りSTOP専門店㈱トラストホームです。

北九州市で賃貸にお住まいの皆さま。賃貸の建物のことは管理会社の責任だから。と言って外壁やベランダの雨漏りを見て見ぬふりしていませんか?
今回は、賃貸で雨漏りを引き起こす劣化のサインをご紹介します。

こんな劣化ありませんか?

◆ベランダ

ベランダ

こちらの写真は1階のベランダから見た上の階のベランダ屋根です。
1階の方から上から水が落ちてくるとご相談をいただき、実際に確認しすると上に亀裂が入っている状態でした。

◆外壁からの雨漏り ◆外壁からの雨漏り

ベランダ上にはシミが広がっている状態です。隅部分にはカビのように黒くなっている部分があります。

◆外壁

◆外壁からの雨漏り ◆外壁からの雨漏り ◆外壁からの雨漏り

外壁を見てみると、コーキングはかなりの劣化が進み、コーキングと外壁材の隙間が発生しています。少しの隙間というより、かなりの隙間になっており、こういった箇所から雨水が侵入し雨漏りを引き起こしてしまいます。

 

◆外壁の釘部分にも注目

釘 釘

釘部分を見ると、錆びていたり釘のまわりに亀裂がはいっていると要注意です。この釘が錆びて隙間ができたり、亀裂部分から雨水が侵入し雨漏りを引き起こす原因となります。

 

◆劣化に気づいたら管理会社に連絡を

外壁の劣化に気が付いているのに、賃貸だからといって放置しておくことはオススメできません。しっかりとした管理会社なら上記で紹介したような劣化になるまで放置しておかないでしょう。
気になる劣化を見つけたら、管理会社へ連絡を一度確認してもらうことをおすすめします。

 

\賃貸で雨漏りがすでに発生している方はこちらもチェック/
↓画像クリック↓

 


 

【賃貸の雨漏り】は、雨漏りSTOP専門店トラストホームにお気軽にお問い合わせ下さい

北九州市で雨漏りにお困りなら、雨漏りSTOP専門店トラストホーム

お問い合わせ/無料お見積りはコチラから・・・

 

フリーダイヤル