スタッフブログ

時間差で発生する雨漏りの原因とは?

北九州市にお住まいの皆さまこんにちは。
雨漏りSTOP専門店㈱トラストホームです。

北九州市で時間差で起こる雨漏りにお悩みの方はいませんか?
今回は、雨漏りが時間差で起こる原因をご紹介します。

こんな現象ありませんか?

雨が降っているときは雨漏りしていないのに、雨が上がった翌日頃から天井からポタポタと落ちる水の音・・・そんな現象ありませんか?雨が降っていないときにポタポタと水が落ちてくると、「雨漏り」なのか?と思いますよね。雨漏りが時間差で起こる原因を見ていきましょう。

なぜ?雨漏りが時間差でおこるの?

原因その1 雨水が時間をかけて移動している

実は、建物の外部から侵入した雨水は必ず真下に流れるといわけではありません。
建物の様々な部分を移動し室内に浸出した場合、時間差が生じる場合があります。雨水の侵入箇所から浸出箇所までの距離があればあるほど、雨漏りの発生が遅れます。

原因その2 雨水が溜まっている

侵入した雨水が溜まると、その場所で流れが止まり雨漏りの発生が遅れることもあります。
破損や劣化で平らな部分が凹み、そこに雨水が溜まると溜まった水が少しづつ時間をかけて建物の内部へと侵入する場合があります。

 

 

 


 

【時間差雨漏り】は、雨漏りSTOP専門店トラストホームにお気軽にお問い合わせ下さい

北九州市で雨漏りにお困りなら、雨漏りSTOP専門店トラストホーム

お問い合わせ/無料お見積りはコチラから・・・

 

フリーダイヤル