スタッフブログ

知っておきたい防水工事の工法・種類|塩化ビニル系シート防水

北九州市にお住まいの皆さまこんにちは。
雨漏りSTOP専門店㈱トラストホームです。

今回は防水工事の工法【塩化ビニル系シート防水
】をご紹介します。

目次

1.防水工事の基礎知識

防水工事とは?
防水工事が必要な場所

2.防水工事の工法・種類

ウレタン防水

アスファルト防水

FRP防水

塩化ビニル系シート防水

塩化ビニル系シート防水とは?

塩化ビニル樹脂系シート防水とは、塩化ビニル樹脂をシート状の材料を1枚で構成された防水層です。熱や日光による紫外線・オゾンに対しても優れた耐久性をもっています。塩化ビニル樹脂系シートは素材本来が着色され耐久性に優れており、防水層のメンテナンスである保護塗装が不要となり、維持管理費を節約することができます。

下地の状態や種類・使用する用途によって【機械的固定工法】と【接着工法】があります。

 

機械的固定工法

下地に緩衝剤を介し、ビスや銅板などにより防水層を機械的に固定する工法となります。基本的に非歩行なので人が歩く場所には向いていません。

接着工法

シートの裏面および下地に接着剤を塗布しシートを張り付ける工法です。ある程度の強度を有することから、軽歩行程度なら適応可能。

 


 

【塩化ビニル系シート防水】は、雨漏りSTOP専門店トラストホームにお気軽にお問い合わせ下さい

北九州市で雨漏りにお困りなら、雨漏りSTOP専門店トラストホーム

お問い合わせ/無料お見積りはコチラから・・・

 

フリーダイヤル