スタッフブログ

屋上防水の劣化サインを見逃さないで!

北九州市にお住まいの皆さまこんにちは。
雨漏りSTOP専門店㈱トラストホームです。

北九州市でビルやマンション・施設などを管理しているオーナー様。今回は、
見逃さないでほしい屋上防水の劣化サインについてご紹介します。

目次

1.屋上防水の劣化が原因の建物へのリスクとは?
2.屋上防水の劣化サイン
3.屋上防水の種類
4.屋上防水の劣化を見つけたらまずは業者へ依頼!

確認しよう!屋上防水の劣化サイン

チェック① 水たまりができている箇所はないか?

雨が降った翌日や晴れた日でも水溜まりが残り続けていませんか?屋上の水たまりは、本来水が流れていく方向へ適切な勾配が取られていなかったり、施工不良などが考えられます。水がたまった状態が続くと、トップコートが破断してしまい、劣化が早める可能性があります。

チェック② シートにひび割れ・めくれはないか?

防水層にめくれやひび割れがある場合、雨水が侵入し漏水の原因となります。シートのめくれなどで躓く危険性もあるので、確認しておきましょう。

チェック③ 笠木やパラペットの劣化

建物と同様、経年劣化により防水層だけではなく、笠木や防水層まわりの屋上パラペットなども劣化していきます。防水層がどんなにキレイでも、笠木がひび割れをしていると、そこから漏水する場合があります。必ず、笠木やパラペットも確認しましょう。

 

チェック④ 排水溝まわりに草やゴミは溜まっていませんか?

排水溝の周りや伸縮目地の隙間に草やゴミ・汚泥がたまっていませんか?雑草が伸びると、根が防水層を傷つける場合もあります。排水溝のまわりにも確認しておきましょう。

 


 

【屋上防水の劣化】は、雨漏りSTOP専門店トラストホームにお気軽にお問い合わせ下さい

北九州市で雨漏りにお困りなら、雨漏りSTOP専門店トラストホーム

お問い合わせ/無料お見積りはコチラから・・・

 

フリーダイヤル