スタッフブログ

窓枠からの雨漏り原因|コーキングの劣化

北九州市にお住まいの皆さまこんにちは。
雨漏りSTOP専門店㈱トラストホームです。

今回は、窓枠から雨漏りする原因①【コーキングの劣化】についてご紹介します。

目次

はじめに

窓枠から雨漏りする主な原因とは?

窓枠からの雨漏り原因

①コーキングの劣化
②外壁のひび割れ
③窓上の配管や換気扇
④サッシの境目部分

原因①窓枠のコーキング部分の劣化

雨漏り原因 サッシ

窓枠と外壁の間を埋めるために「コーキング」というゴム状の建材を使用します。コーキングが紫外線や乾燥・雨風などの様々な要因から劣化することで、コーキングにひびが入ったり、剥がれが生じます。

コーキングの剥がれた部分から雨水が侵入すると窓枠の雨漏りへとつながります。ひび割れに関しても、ひび割れから雨水が侵入し、どんどん劣化が進行し、雨漏りの発生原因となります。

コーキングが劣化したら補修しましょう

写真のように、コーキングが剥がれて隙間が出来たり、ひび割れを起こしている場合は。コーキングの補修を行いましょう。コーキングは早い場合5年で寿命を迎える素材の為、気が付いた時には劣化している場合があります。まずはご自宅のコーキング部分を確認してみましょう。

 

【窓枠のコーキング劣化】は、雨漏りSTOP専門店トラストホームにお気軽にお問い合わせ下さい

北九州市で雨漏りにお困りなら、雨漏りSTOP専門店トラストホーム

お問い合わせ/無料お見積りはコチラから・・・

フリーダイヤル