スタッフブログ

少量の雪でも油断できない!凍害による雨漏りとは?

北九州市にお住まいの皆さまこんにちは。
雨漏りSTOP専門店㈱トラストホームです。

今回は北九州市の皆さまに、雪が雨漏りを引き起こす大要因のひとつ【雪の凍害による屋根の損傷】をご紹介します。

 

雪が引き起こす雨漏りの大要因
1.雪の凍害による屋根の損傷
2.積雪による屋根の損傷
3.雪が降ることで起こるすが漏れ

原因①雪の凍害による屋根の損傷

少量の雪でも屋根に雪の水分が染み込み、凍ったり溶けたりを繰りかえることで、屋根材が割れてしまうことがあります。このような【凍害】の被害は冬場に起こります。水が凍結すると体積が大きくなり、わずか一滴の水が凍ると一回り大きくなる性質があります。雪が降り屋根に染み込んだ雪の水分が凍り膨張し、内部を圧迫。溶けたり凍ったりを繰り返すことで、屋根へのダメージはどんどん蓄積され、やがて破損につながります。その破損部分からさらに雪の水分や雨水が張り込むと雨漏りの発生へとつながります。この凍害は雪の量は左右されないため、ほんのわずかな雪でも油断はできません。

 


 

【凍害による雨漏り】は、雨漏りSTOP専門店トラストホームにお気軽にお問い合わせ下さい

北九州市で雨漏りにお困りなら、雨漏りSTOP専門店トラストホーム

お問い合わせ/無料お見積りはコチラから・・・

 

フリーダイヤル