スタッフブログ

戸建ての築年数と雨漏りリスクの深い関係

北九州市にお住まいの皆さまこんにちは。
雨漏りSTOP専門店㈱トラストホームです。

北九州市に家をお持ちの皆さま。皆さまのご自宅は築何年ですか?今回は築年数と雨漏りリスクの深い関係をご紹介します。

築年数と雨漏りリスクは比例する

「家が古くなると雨漏りしやすくなる」というのはみなさんご存じだと思いますが、家が古くなることで雨漏りリスクは比例して高くなります。雨漏りの原因のひとつ「経年劣化」が発生する為です。家は年中、紫外線や雨風、強風や雪で飛ばされた飛来物などに常に晒されています。

長年積み重なったダメージやストレスで家のいろんなところが傷んできます。これが「経年劣化」です。雨漏りの多くは家の破損から発生します。つまり、家の築年数が長くなればなるほど、雨漏りリスクは比例していきます。

皆さんのご自宅は築何年ですか?
雨漏りリスクが跳ね上がる基準は【10年】。築年数10年を超えると、建物のいろいろな部分の耐用年数(寿命)が低下していくからです。

 

NEXTコラム耐用年数が雨漏りリスクを高める


 

【戸建ての雨漏り】は、雨漏りSTOP専門店トラストホームにお気軽にお問い合わせ下さい

北九州市で雨漏りにお困りなら、雨漏りSTOP専門店トラストホーム

お問い合わせ/無料お見積りはコチラから・・・

 

フリーダイヤル