スタッフブログ

経年劣化が起きやすく雨漏りリスクが高い場所|取り合い部分

北九州市にお住まいの皆さまこんにちは。
雨漏りSTOP専門店㈱トラストホームです。

北九州市にお住まいの皆さま。建物の【取り合い部分】という箇所がどこにあたるのかご存じですか?今回は経年劣化が起きやすく雨漏りリスクが高い取り合い部分についてご紹介します。

 

Previousコラム→経年劣化が起きやすく雨漏りリスクが高い場所|天窓・窓

経年劣化に注意!取り合い部分

【取り合い部分】とは、屋根と外壁のつなぎ目や、付帯部分のつなぎ目、屋根材同士のつなぎ目や素材同士が重なり合う箇所を取り合いといいます。簡単にいうと【つなぎ目」です。実はこの取り合い部分は建物にとって弱点と言えるほど、雨漏りリスクが高い場所になります。取り合い部分は違う部材を組み合わせている箇所になるため、もともと隙間があります。ですが、雨水などが侵入しないように隙間を塞ぐ様々な工夫が施されています。なので通常はそこから雨水が侵入することはありません。しかし、経年劣化による破損やダメージで雨漏りトラブルへとつながります。

付帯部

取り合い部分は主に付帯部などのつなぎ目です。軒先や棟・笠木などの取り合い部分にも要注意です!

 

NEXTコラム経年劣化が起きやすく雨漏りリスクが高い場所|エアコンのスリープ穴


 

【取り合い部分の経年劣化】は、雨漏りSTOP専門店トラストホームにお気軽にお問い合わせ下さい

北九州市で雨漏りにお困りなら、雨漏りSTOP専門店トラストホーム

お問い合わせ/無料お見積りはコチラから・・・

 

フリーダイヤル