スタッフブログ

雨漏り放置の恐ろしい二次被害|耐久性の低下

北九州市にお住まいの皆さまこんにちは。
雨漏りSTOP専門店㈱トラストホームです。

今回は、北九州市で雨漏りにお悩みの方に、絶対に知ってほしい「雨漏り放置の恐ろしい二次被害・耐久性の低下」についてご紹介します。

雨漏り放置で建物の耐久性が低下

雨漏りの放置で一番多い被害が「建物の木材が腐食」すること。
あらゆる場所から侵入した雨漏りは日光の届かないような建物の内側に入り込みます。

雨水で濡れた場所は、湿気が多くジメジメします。そのまま放置し繰り返すことで、木材腐朽菌が繁殖し木材の腐食がどんどん進行します。

木材が腐食するとどうなるのでしょうか?

木材が腐食すると、建物の耐久性が低下し家の存続にかかわるレベルまで被害が及ぶ可能性があります。雨漏りを放置し続けた結果、木材が腐食し【天井が抜け落ちる】【家が傾く】【家が倒れる】という被害につながります。

当然、木材が腐食した建物は安全性も耐震性能も低くなり資産価値が著しく低下します。
また、この状態になると補修工事の費用も高くなるので早めの雨漏り修理をしておきましょう。


 

【自宅の雨漏り】は、雨漏りSTOP専門店トラストホームにお気軽にお問い合わせ下さい

北九州市で雨漏りにお困りなら、雨漏りSTOP専門店トラストホーム

お問い合わせ/無料お見積りはコチラから・・・

 

フリーダイヤル