スタッフブログ

強風による雨漏り|北九州雨漏り修理は㈱トラストホーム

北九州市にお住まいの皆さまこんにちは。
雨漏りSTOP専門店㈱トラストホームです。

今回は、雨漏りにつながる原因のひとつ、強風による雨漏りについてご紹介します。

屋根からの雨漏りは風による被害が多い理由

九州地方は台風が多いですよね。皆さんは屋根と風の関係性をご存知ですか?台風や強風・突風・季節風などで被害が出やすい【屋根】。なぜ、風の影響で屋根が被害を受けるのか不思議ですよね。屋根は住宅の中で、最も高い位置にあるため、風の影響を非常に受けやすい部分となります。台風の時期を思い出してみてください。台風は重たい自動車を横転させたり、電柱をなぎ倒すパワーがあります。その強風が屋根にも与えられていると想像してみてください。
特に、瓦屋根などは風が吹き込みやすい構造をしている為、しっかりと固定されていなければ、簡単に吹き飛ばされます。そして、台風や強風で吹き飛ばされた屋根や飛来物によって破損した場合、隙間や破損部分から雨水が浸入し雨漏りの原因へと繋がります。まずは、台風や強風で被害が出てしまう屋根の状態を確認し、その症状がある場合は必ず補修工事を行いましょう。

 

強風で被害がでる屋根の状態
瓦と瓦の隙間

瓦屋根は重いから強風で吹き飛ばれるわけがない!と思い込んでいませんか?強風を甘く見てはいけません!台風や強風は自動車を横転させたり、大木を倒したりと強いパワーがあります。それを考えると、瓦の重量なんて軽いものです。
近年、台風の大型化が進んでいるといわれ、住宅の台風被害はどんどん増えています。強風が発生することで、瓦屋がズレていき瓦と瓦の間に隙間ができます。隙間ができると、その隙間から雨水が入り込み、雨漏りを引き起こす原因となります。台風や強風の後は、瓦がずれていないか、屋根に異常がないかしっかりと確認しておきましょう。

 

強風で被害がでる屋根の状態
スレート屋根の反り

最近では、住宅のスレート屋根の採用率が高くなっていますが、このスレート屋根は強風によって被害が生じてしまうことが多いと言われています。通常、スレート屋根は万全な状態の場合、風速60m/sの風にもびくともしない強度があります。ですが、この強度は、劣化もなくきちんとメンテナンスが行き届いた状態を維持している屋根の場合です。

スレート屋根が経年劣化することで、乾燥と湿潤を繰り返し、屋根材の撥水性が低下します。その状態を繰り返すことで、屋根材の四隅が反りかえってしまい、そこに強風を受けると、一気に屋根材が吹き飛ばされる危険性があります。

 


北九州市にお住まいの皆さまこんにちは。雨漏りSTOP専門店㈱トラストホームです。


 

【強風による雨漏り】は、雨漏りSTOP専門店トラストホームにお気軽にお問い合わせ下さい

北九州市で雨漏りにお困りなら、雨漏りSTOP専門店トラストホーム

お問い合わせ/無料お見積りはコチラから・・・

 

 

フリーダイヤル