スタッフブログ

雨漏りの初期症状|北九州雨漏りSTOP専門店㈱トラストホーム

北九州市にお住まいの皆さまこんにちは。
雨漏りSTOP専門店㈱トラストホームです。

今回は雨漏りの初期症状についてご紹介します。
みなさんのご自宅は雨漏りしていませんか?一緒に確認してみましょう。

雨漏りは静かに進行している

雨漏りの初期症状は一見気づかないレベルで静かに進行していきます。みなさんが「雨漏り」と聞いて想像するのは天井からポタポタと落ちる水滴をバケツで受け止めるシーンが多いのではないでしょうか?実はポタポタと落ちている時点ですでに初期を通り越しているのです。雨漏りの初期は音もなく発生し、静かにゆっくりと家を蝕んでいきます。その結果、天井からポタポタと水滴がでるように見える形となって表面的に現れます。

雨漏りの初期症状

こんな症状ありませんか?

壁紙の一部がめくれている・剥がれている・それている・膨らんでいる・シミができている

・天井にシミのようなものが薄っすらと見える

・窓付近の壁紙の一部分にカビが発生している

これらの初期症状を発見した場合は、まずは雨漏り修理業者へ相談をしてみましょう。
初期症状が出たからといって必ずしも雨漏りとは限りませんので、まずは相談が大切です。

室内に雨漏り初期症状を発見したら
ここをチェック!

室内で雨漏り初期症状を発見した場合、建物の外部にも問題がある場合があります。

・外壁にクラック(ひび割れ)がある

・外壁材との隙間を埋めるコーキングが劣化している(ひび割れ・剥がれ・隙間)
・雨樋や排水口が詰まっている(ゴミや枯れ葉)/水はけが悪い

・屋根材(瓦)がズレていたり・ひび割れ・破損している

室内での雨漏りの初期症状が無い場合でも、建物の外部にこのような症状がある場合は、内部で雨漏りが進行している可能性もあります。室内・外部どちらかに症状がある場合は、早めに雨漏り修理業者へ相談をしてみましょう。早期発見早期対処が大切です!!

 

雨漏りの初期症状のサイン

壁紙が湿っている
天井に薄っすらシミがある
障子紙や壁紙・ふすまが波を打っている
壁紙の一部が剥がれている
壁紙にカビが発生している
玄関の靴にカビが発生している
サッシ・窓のまわりだけ湿っている
床の一部が膨れている
家の中がカビの臭いがする
どこからか水滴の音がする

建物の点検・雨漏り調査を実施しよう

雨漏りと間違えやすい【結露】ですが、雨漏りは季節を問わず発生するのが特徴です。
普段では結露が発生しない場所でカビやシミが発生している場合は雨漏りの可能性があります。雨漏りが疑われる場合は、まずは雨漏り専門家に雨漏りの原因やどこから雨水が侵入しているのかという経路を調べてもらう必要があります。その上で最適な雨漏り修理を行うことが大切です。まずは上記の症状を放置せずに、早めに対処しておくことをおすすめします。

 

 


お問い合わせください

【雨漏りの初期症状】は、雨漏りSTOP専門店トラストホームにお気軽にお問い合わせ下さい

北九州市で雨漏りにお困りなら、雨漏りSTOP専門店トラストホーム

お問い合わせ/無料お見積りはコチラから・・・

フリーダイヤル