スタッフブログ

なぜ?瓦屋根の雨漏りする原因とは。

北九州市にお住まいの皆さまこんにちは。雨漏りSTOP専門店㈱トラストホームです。

今回は北九州市で瓦屋根の雨漏りにお悩みの皆さまへ瓦屋根が雨漏りする原因について詳しくご紹介していきます(*^_^*)

なぜ?瓦屋根が雨漏りをする原因

瓦屋根

瓦屋根が雨漏りをする原因は大きく分けて4つ。普段の生活からは発見しずらい原因が多く豪雨などのあとに雨漏りをして初めて気づくという方が多いのです。

 

瓦屋根が雨漏りする原因 その①

瓦が割れた・ずれた

瓦破

瓦がずれるだけでは直接雨漏りの原因となるわけではありませんが、このように瓦がずれていくと瓦の下に敷いてある防水シートや野地板が侵食されていき雨漏りの原因となります。少しずれているだけでも、地震や台風・豪雨などで一気に崩れ落ちることも。

瓦屋根が雨漏りする原因 その②

防水シートの劣化

雨漏り 屋根葺き替え

瓦屋根材の下には、「アスファルトルーフィング」という防水シートがはられていますが、この防水シートは半永久ではないため、少しずつ雨水などで劣化していきます。防水シートの寿命は約15年~20年といわれているので、年数が経過しているご自宅は要注意です。

 

 

瓦屋根が雨漏りする原因 その③

漆喰の劣化

瓦破損

赤丸で囲んでいる部分(瓦と棟の間)に漆喰が塗りこめられていますが、この漆喰には防水効果の役割があります。漆喰が劣化したり、風や雨にさらさて剥がれていくと防水効果が低下していき雨漏りの原因となります。

 

瓦屋根が雨漏りする原因 その④

葺き土の減少

瓦破損

土葺き工法の場合、瓦を土で固定しています。この葺き土には防水効果がありますが、自然と土の量が減っていきます。葺き土が少なくなると瓦と下地に隙間がうまれ、防水効果も薄れていくので、雨漏りが発生しやすくなります。

 


瓦自体は耐久性に優れていますが、ひび割れやズレ・劣化などが要因で雨漏りが起こります。
そのほかにも、台風や竜巻で瓦が飛んでしまったり。太陽光パネルの設置時に瓦が割れてしまったりと様々な原因が考えられます。瓦に異常が現れたときには迷わずプロの業者に点検を依頼してみましょう!早期発見・早期対処がなるべく費用を抑えるポイントになります(*^_^*)

北九州市の雨漏りSTOP専門店㈱トラストホームなら、雨漏り点検・相談・お見積りを無料で行っております♪まずはトラストホームへ相談してみませんか?


 

【瓦屋根の雨漏り】は、雨漏りSTOP専門店トラストホームにお気軽にお問い合わせ下さい

北九州市で雨漏りにお困りなら、雨漏りSTOP専門店トラストホーム

お問い合わせ/無料お見積りはコチラから・・・

 

フリーダイヤル