スタッフブログ

雨漏りの原因になる!?シーリング劣化には注意しよう

北九州市にお住まいの皆さまこんにちは。
雨漏りSTOP専門店㈱トラストホームです。

北九州市にお住まいの皆さま、外壁シーリングの劣化が雨漏り原因になることをご存じですか?
今回は、雨漏りと外壁シーリングの関係性をご紹介しますのでまずはご自宅の外壁シーリングのチェックをしてみましょう!

 

◆外壁シーリングについて◆

まずは外壁シーリングについて簡単のご紹介します。
シーリングとは外壁材と外壁材の隙間を埋めることです。シーリング材には弾力性があり地震などの揺れからの負担を吸収し、建物を守る役割があります。この隙間を埋めるシーリング材が劣化するとどうなるのでしょうか?

 

◆シーリングが劣化すると起こること◆

シーリングは日々、熱や雨・紫外線を浴び続け劣化しやすい特性があり、そのためシーリングの寿命は約5年から10年と言われいます。劣化が起こり始めると、伸縮性や防水性が徐々に低下し、最終的には【雨漏り】の原因となります。

 

◆こんな症状が出ていたら要注意◆

シーリングの劣化症状をご紹介しますので、ご自宅の外壁周辺を確認してみましょう!
早期発見・早期対処で外壁からの雨漏りを防止したいですね。

まずはシーリング劣化をチェック!

 

雨漏り危険度 高い

シーリング

●破断・ひび割れ

ーリングが劣化すると、弾力性を失うことでひび割れが発生し、このまま放置するとこの

隙間から雨水が侵入し外壁内部まで水分が侵入する危険性があります。

 

雨漏り危険度 高い

シーリング

●肉痩せ・亀裂・隙間の発生

弾力性を持たせる可塑剤が表面に溶け出すことで発生する肉痩せ。
シーリングの厚みが減少することで隙間ができ、その隙間から雨水が侵入する恐れがあります。
肉瘦せや亀裂・隙間を発見した場合はプロの業者に相談をしてみましょう。

 

雨漏り危険度 とても高い

シーリング

●シーリングの欠落

シーリングが欠落してほぼ隙間があいている状態です。この状態になるとどの部分からも雨水が
侵入してしまうため、雨漏りにつながる危険度は高めです。シーリングが破断している箇所を
見つけた場合は早めに対処しておきましょう。

 

 

◆劣化を発見したらまずはプロに相談を◆

シーリングの劣化を発見しても慌てず、まずはプロの業者に相談をしましょう。
最近では自分で直す方もいらっしゃいますが、シーリングが失敗するとさらに悪化する可能性があります。ご自分で直せそうでも、まずは点検・相談・見積もりから進めてみましょう(*^_^*)

北九州市の雨漏りSTOP専門店トラストホームなら、点検・相談・現地調査・見積もりを無料で行っております。まずはお気軽に相談してください。

 


 

【シーリング劣化】は、雨漏りSTOP専門店トラストホームにお気軽にお問い合わせ下さい

北九州市で雨漏りにお困りなら、雨漏りSTOP専門店トラストホーム

お問い合わせ/無料お見積りはコチラから・・・

 

フリーダイヤル