スタッフブログ

台風被害・突風被害の雨漏りは火災保険対象内

北九州市にお住まいの皆さまこんにちは。
雨漏りSTOP専門店㈱トラストホームです。

九州地方では毎年のように台風が直撃しますが、台風や突風が原因で雨漏りしていませんか?今回は、北九州市の皆さまに台風・突風からの雨漏り被害時の火災保険についてご紹介します。

台風・突風による雨漏りは火災保険対象内

台風や突風で建物が損害や被害を受けることは多いですよね。ご加入している保険のプランによっては、補償される範囲がことなるので必ず補償される範囲を把握しておきましょう。

台風・突風被害が適応される火災保険の補償とは

台風や突風による被害で火災保険が適用される場合は以下のどれかになります。

1.水災補償

2.風災補償
3.落雷補償

今回は【雨漏り】に注目をしてみていきましょう。台風や突風後に雨漏りが発生した場合は【風災補償】が適応されます。台風による竜巻・暴風・強風などによって生じる建物被害を補償することができます。突風により屋根の瓦が飛んで雨漏りになった場合や強風により窓ガラスが破損し、室内が水浸しになった被害も保証が可能です。

 

台風被害でも火災保険の対象にならない場合

1.3年以上経過している場合
2.台風による被害ではなく経年劣化だと判断された場合

ここで注意してほしいのが、この上記の2つです。
火災保険が対象となる台風・突風被害は【台風が原因で被害になった】場合のみです。もともと経年劣化により破損している被害箇所が台風や突風によりさらに悪化した場合は補償対象外となります。


そのほかの雨漏り時の火災保険適応一覧はこちら
↓画像をクリック↓

火災保険対象

 


【台風後の雨漏り】は、雨漏りSTOP専門店トラストホームにお気軽にお問い合わせ下さい

北九州市で雨漏りにお困りなら、雨漏りSTOP専門店トラストホーム

お問い合わせ/無料お見積りはコチラから・・・

 

フリーダイヤル