スタッフブログ

戸畑区で築年数50年!瓦屋根の雨漏り 屋根葺き替え工事【現場BLOG】

北九州市にお住まいの皆さまこんにちは。雨漏りSTOP専門店㈱トラストホームです。

今回ご紹介する現場BLOGは築年数50年!戸畑区飲食店様の雨漏り工事です

瓦屋根の老朽化により雨漏りしていて困っているとのことで、
雨漏りSTOP専門店のトラストホームへお問い合わせをいただきました(*^_^*)

 

◆老朽化が進んだ瓦屋根の状態◆

瓦撤去 (7)

築50年も経過すると、いくら耐久性の高い瓦屋根でも
ボロボロになっています。割れている部分や、隙間がうまれ雨漏りが発生しました。
コケや藻の発生、色あせをし今にも崩れ落ちそうな勢いです(^_^;)

 

◆今回は「屋根葺き替え工事」で解決!◆

「葺き替え(ふきかえ)」とはどういう工事かご存知ですか?
「葺き替え工事」は古い屋根材を撤去し、新しい屋根材に張り替える工事です。
同じ種類の屋根材を使うこともできますし
既存とはガラリと雰囲気を変えた屋根材を使用することもできます。

屋根の劣化状況や進行具合によって屋根材だけではなく
屋根材下にある、桟木(さんぎ)や防水シート・野地板(のじいた)などの
交換が必要になる場合があります。このように、屋根材だけではなく、
下地なども張り替える工事を「葺き替え工事」といいます。

今回は老朽化が進み、屋根材の下地まで劣化している為
屋根材・桟木・防水シート・野地板補強の葺き替え工事を行います。

 



◆「屋根葺き替え工事」開始です◆

まずは、①老朽化した瓦屋根を全て撤去していきます。
瓦を撤去すると・・・大量の土やほこりが出てきましたね。
なぜ瓦を撤去すると「土」が出てくるのでしょうか?

雨漏り 屋根葺き替え

昭和に建てられた建物の多くは瓦を土で固定する方法がつかわれていたのです。
築年数50年とすると、この建物のも昭和に建てられていますね。
この土が減っていくと瓦のずれが発生し、雨漏りの原因となります。

次に②桟木(さんぎ)を撤去していきます。また聞きなれない言葉が出てきましたね。
桟木とは、瓦を引っ掛けるために屋根に設置する細長い木材です。
今回は新しい屋根材を設置するので、桟木も撤去します。

雨漏り 屋根葺き替え


\屋根の下地が見えてきました/

今回は屋根の下地(野地板)の痛みが少ない為、③コンパネで補強していきます。
雨漏り 屋根葺き替え

野地板は屋根材を構造的に支える大切な部分なので、しっかりと補強します!

そして、雨漏り対策にとっても重要な④「防水シート」を貼り付けます。
雨漏り 屋根葺き替え

今回使用した防水シートは「改質アスファルトルーフィング モラサン」です。
屋根材だけでは防げない雨水の侵入を阻止してくれるのが「モラサン」
万一屋根材の下へ雨水が浸透したとしても、建物の中へ水が入ることがありません。
雨漏りでお悩みの方は、必ず防水シート「ルーフィング」を施工してくださいね!


だんだんと屋根が仕上がってきていますね♪
いよいよ、⑤屋根材の設置になります!!

使用した屋根材は「アスファルトシングル」
アスファルトシングルには、ガラス機材にアスファルトを浸透させ、
表面に石粒を吹き付けた屋根材のことです。
シート状になっているので、扱いやすく様々な屋根の形状にも施工できます◎
素材は柔らかく、錆びたり割れたりしないので、耐久性に優れています。

雨漏り 屋根葺き替え


\屋根が仕上がってきました/

雨漏り 屋根葺き替え

いよいよ、⑥棟板金を設置していきます!
まずは棟板金を固定させるための貫板を取り付けます。
雨漏り 屋根葺き替え

棟板金を取り付けていきます。
雨漏り 屋根葺き替え

 

◆「屋根葺き替え工事」完成です◆

雨漏り 屋根葺き替え

 

 

 

 

ご紹介した築年数50年!戸畑区飲食店様の雨漏り 屋根葺き替え工事

北九州市の皆様、いかがでしたか?
老朽化が進んでいた瓦屋根の面影はすっかりなくなりましたね。
これで雨漏りの心配もなく、安心してお仕事ができますね(*^_^*)


 

【瓦屋根の雨漏り】は、雨漏りSTOP専門店トラストホームにお気軽にお問い合わせ下さい

北九州市で雨漏りにお困りなら、雨漏りSTOP専門店トラストホーム

お問い合わせ/無料お見積りはコチラから・・・

 

フリーダイヤル