スタッフブログ

雨漏り放置は危険!漏電や火災のリスクも!?

北九州市にお住まいの皆さまこんにちは。
雨漏りSTOP専門店㈱トラストホームです。

北九州市にお住まいの皆さま。ご自宅の雨漏り・・放置していませんか?
今回は雨漏りが原因で引き起こす火災のリスクについてご紹介します。

雨漏りが引き起こす怖いリスク

気付いてはいても、なかなか修理に踏み込められない雨漏り・・・。雨漏りが引き起こすとても怖いリスクは漏電事故や火災です。

◆雨漏りによる漏電と火災の関係性

雨漏りによって、雨水が壁の中や天井裏を伝い、電気コード類や電気配線が濡れた場合漏電を引き起こします。漏電は最悪の場合、感電事故や火災につながるおそれがあります。

漏電が引き起こす一次被害

  1. 家電製品の故障
    電気コードなどが水に濡れてしまうことでショートしたり、等電位より規定量以上の電気が流れることによって、家電が故障する場合があります。
  2. 電気代の高騰
    電気が漏れることで電気代が高額になるケースも。漏電を放置すればするほど高額になるため、手元に請求書が届いてから気付く場合もあります。
  3. 一時的な停電
    分電盤についている漏電ブレーカーが漏電を検知し自動で電気を遮断します。漏電を修理しない限り復旧させることができない為、生活に大きな影響が出てしまう場合があります。

 

漏電が引き起こす二次被害

一次被害を放置すると、二次被害へとつながります。今からご紹介する二次被害は場合によっては命にかかわるものですので、かならず一次被害の段階で対処しておきましょう。

 

  1. 漏電による感電
    雨漏りで濡れたコードやコンセントに触れてしまうと感電する可能性がとても高いです。高電圧のものに触れて場合、最悪は死亡するケースもあります。
  2. 漏電による火災
    漏電が発生するとコードやコンセントが発熱し、火事を引き起こします。
    そのほかにもコンセントにたまっているホコリが雨漏りによる湿気を吸い込み出火するという火事も起こります。

◆早めの雨漏り修理で予防しましょう

雨漏りの修理を放置することで、命に関わる事故につながる恐れもあるので、雨漏りに気づいた時はまず業者に依頼してみましょう!北九州市の雨漏りSTOP専門店トラストホームなら、ご自宅の雨漏り点検・相談・お見積り・現地調査を無料で行っております。お気軽にご相談ください。

 

 


 

【北九州市の雨漏り】は、雨漏りSTOP専門店トラストホームにお気軽にお問い合わせ下さい

北九州市で雨漏りにお困りなら、雨漏りSTOP専門店トラストホーム

お問い合わせ/無料お見積りはコチラから・・・

 

フリーダイヤル