スタッフブログ

危険!雨漏り放置の二次被害|北九州雨漏り専門店㈱トラストホーム

北九州市にお住まいの皆さまこんにちは。
雨漏りSTOP専門店㈱トラストホームです。

今回は、北九州市で雨漏りにお悩みの方に、絶対に知ってほしい「雨漏り放置の恐ろしい二次被害」についてご紹介します。

天井のシミは雨漏り二次被害

天井のシミ

みなさんのご自宅の天井にこんなシミはないですか?天井のシミや、なんだか部屋に漂うカビ臭で自宅が雨漏りしていることに気が付いたという方も多くいらっしゃいます。実は、この天井のシミが発見された時点で雨漏りは二次被害を受けています。通常の【雨漏り修理】とは、雨水が室内に漏れる原因となっている部分を直すことですが、このように天井にシミが出来たり腐食した場合は、雨漏り修理とは別に【補修工事】が必要となります。
天井の張り替えや、塗り替え、クロスの張り替えなどで済む場合もありますが、ひどい場合は大掛かりな工事が必要になることも。雨漏りが原因で雨漏り修理と補修工事費が膨らんでしまう場合があります。現在天井にシミがある場合は早急に業者に相談をしておきましょう。

雨漏り放置で建物の耐久性が低下

シロアリ

雨漏りの放置で一番多い被害が「建物の木材が腐食」すること。あらゆる場所から侵入した雨漏りは日光の届かないような建物の内側に入り込みます。
雨水で濡れた場所は、湿気が多くジメジメします。そのまま放置し繰り返すことで、木材腐朽菌が繁殖し木材の腐食がどんどん進行します。

木材が腐食するとどうなるのでしょうか?

木材が腐食すると、建物の耐久性が低下し家の存続にかかわるレベルまで被害が及ぶ可能性があります。雨漏りを放置し続けた結果、木材が腐食し【天井が抜け落ちる】【家が傾く】【家が倒れる】という被害につながります。

当然、木材が腐食した建物は安全性も耐震性能も低くなり資産価値が著しく低下します。
また、この状態になると補修工事の費用も高くなるので早めの雨漏り修理をしておきましょう。

 

 

雨漏り放置で呼びよせる害虫

シロアリ

雨漏りで放置した建物は、木材が雨水で腐食しシロアリの餌となります。シロアリに建材を食い荒らされると耐久性が低下し、地震などの影響で倒壊する可能性が高くなります。
また水を好むネズミの侵入にも警戒が必要です。ネズミが住み着くと断熱材で巣をつくったり、糞害や寄生虫などの菌を家に持ち込むこともあります。こういったシロアリやネズミが発生した場合、シロアリ駆除費用なども別途必要になるため、修理費用が余分にかかってしまいます。
また、雨漏りで湿度が高くなると、高温多湿の条件を好むダニが繁殖します。ダニは健康被害のリスクも高くなるため、アレルギー反応を起こしたり、喘息になったりと命に関わる被害です。すでに雨漏りが確認されている場合は早急な対策を行いましょう。

 

【家の雨漏り】は、雨漏りSTOP専門店トラストホームにお気軽にお問い合わせ下さい

北九州市で雨漏りにお困りなら、雨漏りSTOP専門店トラストホーム

お問い合わせ/無料お見積りはコチラから・・・

フリーダイヤル